<< 2011年10月 | TOP | 2011年12月 >>

2011/11/29 12:18

大阪維新の会

先日、政治団体「大阪維新の会」代表の橋下徹氏が大阪市長に、
松井一郎氏が大阪府長にダブル当選した。

選挙中は、既得権益に執着する政党や役所勤務の諸氏がこぞって橋下批判の大同を為した。

まことに憤慨極まりない状況であった。


「仕訳け」などと銘打って、いかにもムダを省く事を率先して指導していると言わんばかりの作業にどれほどの効果があったであろうか?
それによって、眼に見える形として、または感じ得る形として、
どれほど国民は幸福を感じているであろうか?

国民は愚民ではない。

「もし、良い方向に進む可能性があるのなら、橋下氏にかけてみよう!」

まさにそれが結実して当選に繋がったのであろう。

“大阪都構想”については、まだまだ荒削りでどれほどの効果があるのか、
予測不能の状況ではあるものの、
国民は間違いなく“変化”を求めている。

そもそも、『維新』とは「詩経」大雅文王編に、
「周は旧邦なりと雖(いえど)も、其の命維(こ)れ新たなり」
から来ており、古代中国の周という国で、
「周という国は随分と古い伝統ある国ではあるけれども、
よく徳を明らかにして民を教化している為に、
その命(はたらき)は常に新たで停滞するところがないので、
天下をよくたもった。常に新たにしている」
という意味を為している。

橋下氏がこれを知ってか知らずか、
いずれにしても「大阪維新の会」の命名の意味するところ、
志は詩経と同じではないか、と感じている。

『維新』と『革命』は、似て非なる。
維新は順命であり、革命は非常の命である。
維新の方がより自然であり、より道徳的である。

既得権益を守らんと欲する輩は、
あたかも橋下氏が『革命』を起こそうとしているかのごとく、
罵声を浴びせ、非難していた。


今後の橋下氏の動向と、変化が楽しみである。

天命に則していれば、事は成る。
ジャンル:中山のひとりごと。

2011/11/11 21:47

世界経済の渦の中

野田総理が「TPP交渉への参加」を表明した。

この参加表明は、あくまで交渉のテーブルにつくのであって、
最終的に「TPP施行合意」ではない。

世論は何を騒ぎたてるのか・・・?

日本は、長い歴史の中で外国との協調や衝突を経て現在に到る。


日本経済は孤立無援で成り立っているのではないことをどれほど認識出来ているだろうか?

例えば、日常生活における食の分野でも、
外国産の小麦は大半を輸入に頼り、
卵は国産でも、卵を産むニワトリのヒナは93%が外国産。


TPPにより、様々な分野で関税が0に近づくほど消費者は恩恵を受ける。

米に至っては、今現在10Kgを3000円で買っているとしたら、
TPP合意によって、将来は3000円で80Kgの米が買えるようになる。


国の保護政策によって、完全に甘やかされ続けて来た日本の農業は大変革を迫られる。

昔は隣近所がライバル、これからは遠く離れた外国の農業従事者がライバルとなる。


大規模農業はコスト削減に大きく貢献する事がわかっているのだから、
多くの農家が互いに協力し、集団農地と相互援助、大規模対応農具への投資、
自ずから何を為すべきか、見えてくるのではないだろうか。


子供を過保護に育てると、将来その子供が苦労する。

同じことが日本の農業政策に言える。


今、大きく変革する機会ととらえ、
将来の農業従事者に希望と指針を示す機会ではないだろうか。

ジャンル:中山のひとりごと。
<< 2011年10月 | TOP | 2011年12月 >>